キュレルのBBクリームとミルクの違い!成分・落とし方などコスメコンシェルジュが解説!

当サイトでは、アフィリエイト報酬を得ている場合があります。

この記事では、

キュレルのBBクリームとミルクの違い!成分・落とし方などコスメコンシェルジュが解説!

について書きました。

キュレルのBBクリームとBBミルクは、どこがどう違うのか、気になりますよね。

そこで、資格を持ってる立場として違いを分かりやすく解説しました。

目次

キュレルのBBクリームとミルクの違い!

キュレルのBBクリームとミルクの違いを見ていきましょう。

まずはざっと商品概要から確認しましょう。

商品名キュレル ベースメイク BBクリーム
キュレル 潤浸保湿 色づくベースミルク
(ベージュ01&02・ピンク)
シリーズベースメイク(BB・CCクリーム)日焼け止め
容量35g30ml
価格1,980円1,980円
色数2色(自然な肌色・明るい肌色)3色(ベージュ01&02・ピンク)
日焼け止め効果SPF30 PA+++SPF24 PA++
処方・紫外線吸収剤不使用
・無香料
・紫外線吸収剤不使用
・無香料
・アルコールフリー
・アレルギーテスト済み
・ノンコメドジェニックテスト済み
(にきびのもとになりにくい処方)

次は、項目ごとに見ていきます。

キュレルのBBクリームとミルクのシリーズの違いを比較

キュレルのBBクリームとミルクは、シリーズが違います。

キュレルには、全部で10種類のシリーズがあり、肌悩みや使う目的、使用部位によって分かれています。

キュレル ベースメイク BBクリーム

キュレルBBクリームは、ベースメイクの中のBBクリームです。

BBクリームは2005年ごろから、韓国のミシャなどで知名度が上がり、人気になりました。

1本で下地、ファンデ、保湿、UVカットまでできる手軽さで人気です。

もともと、手術後の肌ケアのために開発された商品ということで、とてもやさしい処方なのだとわかりますね。

キュレル 潤浸保湿 色づくベースミルク

キュレルクリームは、日焼け止めの中の1つの商品です。

キュレルから全部で9種類の日焼け止めが販売されていて、このミルクは色がつくところが特徴になっています。

つまり、元々、BBクリームなのか、日焼け止めで色付きなのかといった違いがあります。

キュレルのBBクリームとミルクの容量と価格の違いを比較

キュレルのBBクリームとミルクの容量と価格の違いを比較してみましょう。

キュレルBBキュレルミルク
容量35g30ml→59gと仮定
価格1,980円1,980円
1g当たりの価格約57円34円

キュレルミルクを59gとしたのは、潤浸保湿 ベースミルクという別商品の重さがAmazonに載っていたからです。

ここから仮定しました。

コスパを見ると、キュレルミルクに軍配が上がります。

そもそも、キュレルミルクは日焼け止め、BBクリームはコスメなことからも、前者がコスパ重視になるのも納得です。

キュレルのBBクリームとミルクの用途の違いを比較

キュレルのBBクリームとミルクの用途の違いを比較しました。

BBクリーム

BBクリームは、色むらなどもカバーします。

●肌悩みをきちんとカバーするBBクリーム。肌にぴたっと密着し、毛穴や肌トラブル跡の色ムラ・凹凸まできちんとカバー。厚ぼったくならず、しっとり感のあるきれいな仕上がりが続く。
●BB機能。1本で、化粧下地、ファンデーション、保湿、UVカットの効果。
●肌にやさしい使い心地。負担感がありません。やわらかくてのびのよいクリームタイプ。
●セラミドケア。潤いを保つ「セラミド」の働きを守る。

https://www.kao-kirei.com/ja/item/kbb/curel/4901301286505/?tw=kbb

キュレルミルク

キュレルミルクは、日焼け止めだけど軽いメイク効果もあるものです。

紫外線・乾燥から肌を守る。セラミドケア※1できる肌きれい見せベース。
1本でUVカット、化粧下地、保湿、トーンアップ効果。きれいな素肌感のある仕上がりへ。
●保湿成分(セラミド機能成分※2、ユーカリエキス、アスナロエキス)配合。夕方まで潤い続く。
●素肌を活かしてくすみを目立たなくみせる。
●薄づきで負担感のない使い心地。

https://www.kao-kirei.com/ja/item/kbb/curel/4901301286482/?tw=kbb

こうしてみると、両者の用途の違いはそれほど無さそうです。

キュレルのBBクリームとミルクの成分の違いを比較

キュレルのBBクリームとミルクの成分の違いを比較してみました。

BBクリーム

BBクリームの全成分は以下になります。

ジメチコン、水、グリセリン、BG、ポリシリコーン-9、PEG-12ジメチコン、水添ポリイソブテン、トリメチルシロキシケイ酸、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、アスナロ枝エキス、ユーカリ葉エキス、パルミチン酸デキストリン、イソステアリン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、酸化亜鉛、含水シリカ、マイカ、タルク、合成フルオロフロゴパイト、メチコン、トリエトキシカプリリルシラン、ハイドロゲンジメチコン、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al

キュレルBBクリームにしか入っていない成分は、以下になります。

トリメチルシロキシケイ酸、イソステアリン酸ソルビタン、合成フルオロフロゴパイト、メチコン

これらの成分の目的は、テクスチャの向上、乳化剤、光拡散剤、ポリマーです。

キュレルミルク

キュレルミルクの全成分は以下になります。

ジメチコン、水、グリセリン、スクワラン、水添ポリイソブテン、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、アスナロ枝エキス、ユーカリ葉エキス、BG、PEG-12ジメチコン、硫酸Mg、パルミチン酸デキストリン、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、グリセリルウンデシルジメチコン、ポリヒドロキシステアリン酸、ポリシリコーン-9、フェノキシエタノール、メチルパラベン、タルク、酸化亜鉛、含水シリカ、トリエトキシカプリリルシラン、ハイドロゲンジメチコン、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al

キュレルミルクにしか入っていない成分は、以下になります。

スクワラン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、硫酸Mg、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、グリセリルウンデシルジメチコン、ポリヒドロキシステアリン酸、メチルパラベン

これらの成分の目的は、保湿剤、ポリマー、乳化剤、防腐剤です。

成分の違いをまとめると以下になります。

  • キュレルミルクの方が使用成分がかなり多い
  • 成分が多いとその分、アレルギーなどを起こす心配がある
  • 防腐剤としての成分は、BBクリームがフェノキシエタノール、キュレルミルクがパラベン使用
  • パラベンは最近使用を控える人がいる

ホルモン系に影響を与える可能性があるとして、最近パラベン不使用をうたっている製品が増えています。

でも、実際にはパラベンに代わる防腐剤が使われているだけです。

ただし、パラベンが肌に合わない方もいるので、そのような方は使用を控える方が良いでしょう。

キュレルのBBクリームとミルクの口コミの違いを比較

キュレルBBクリームとミルクの口コミの違いを比較しました。

キュレルBBクリームの口コミ

キュレルBBクリームの良い口コミと悪い口コミを、両方確認しました。

良い口コミ
  • 軽さとカバー力があって使いやすい
  • 敏感肌の乾燥や赤みなどの悩みが消えた
  • ムラになりにくい
  • オイルフリーで使いやすい
  • リピ決定
悪い口コミ
  • 肌がきれいになるほどではない
  • ムラになりやすい
  • 手についたのも落ちにくい
  • マスクで取れやすい

良いと感じてる方が多かったです。

ミルクの口コミ

キュレル色づきミルクの良い口コミと悪い口コミを、両方確認しました。

良い口コミ
  • これの上にパウダーするだけで、メイクしなくても良い
  • ちょっとそこまで外出するのに便利
  • 日焼け止めにしてはカバー力がある
  • 伸びが良い
  • 肌荒れしない
悪い口コミ
  • カバー力はほとんどない
  • サラサラしすぎ
  • 色白には、01ベージュでも色が合わない
  • マスクにつきやすい
  • 伸びが悪い

キュレルのBBクリームとミルクのおすすめの方

キュレルのBBクリームとミルクのおすすめの方をタイプ別にまとめました。

キュレルBBクリームがおすすめの方

  • カバー力が少しでも高い方が良い
  • 防腐剤のパラベンを避けたい
  • 日焼け止め効果が少しでも高い方が良い
  • 固めの使用感が良い

こちらにあてはまる方には、キュレルBBクリームがおすすめです。

キュレルミルクがおすすめの方

  • カバー力重視よりではない
  • アレルギーテスト済みが良い
  • サラサラしたテクスチャが好き
  • SPF値重視ではない
  • コスパが良い方が良い

このような方には、ミルクがおすすめです。

キュレルのBBクリームとミルクの落とし方

キュレルのBBクリームとミルクの落とし方について調べました。

キュレルのBBクリームとミルクも、どちらもメイク落としを推奨されています。

石鹸で落ちそうな気がしますが、落ちません。

石鹸で落ちないという口コミを見かけましたが、元々花王でもそのように書いていません。

最近のメイクは石鹸落ちをうたっているものもありますが、まだまだ少ない印象です。

キュレルブランドの特徴は?

花王が販売してる乾燥性敏感肌用ブランドで、「セラミド」の働きを効果的に補い、肌のバリア機能を助けて潤いを与える

ことに着目しています。

キュレルブランドのラインナップは?

目的などにより、全部で10種類あります。

まとめ

キュレルのBBクリームとミルクの違い!成分・落とし方などコスメコンシェルジュが解説!について書きました。

  • キュレルBBクリームとミルクの違いは、BBと日焼け止め・コスパ・使用部位・成分など複数ある
  • カバー力・SPF値重視なら、キュレルBBクリームがおすすめ
  • カバー力・SPF値重視でなく、コスパが良いものがいいならミルクがおすすめ

どちらを選べば良いかの参考になれば幸いです。

【エトヴォスの超お得コスメ&メイクキット】

エトヴォスという百貨店ブランドをご存じですか?

ミネラルファンデで有名なこのブランドからスキンケアとメイクがセットになったお得なキットが発売!

スキンケア/メイクの人気商品が両方試せるまさに「パーフェクト」キット

【知らないと損する!投資方法】

NISAやIDECOなどいろいろあるけど、正直、良く分からない…。

投資が未経験、経済に苦手意識がある人でも基礎から学べる講座があります。

講師は、ドラマ「トリリオンゲーム」の監修など多数の実績を持つ有名人!

5万円相当の動画講義が無料で見れる!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次