新ひだか町図書館's recommendations

Books
Available
(7 reviews)
1.本心
平野 啓一郎‖著
文藝春秋 2021.5
Rating of 新ひだか町図書館 :
ヴァーチャルの世界に死んだ母を再生したり、アバターによりもうひとつの世界で欲求をみたしたり、自由死という死が認められたり。
こんな未来を望んでいいのか。でも近づいているような……。
ヴァーチャルの世界に死んだ母を再生したり、アバターによりもうひとつの世界で欲求を...

Books
Available
(1 reviews)
2.骨を引き上げろ
ジェスミン・ウォード‖著 石川 由美子‖訳
作品社 2021.9
Rating of 新ひだか町図書館 :
貧しい生活の中でも家族愛があり。若くして望まぬ妊娠があり。母犬の強さがあり。大自然の猛威があり。
少女が凛としているので、読後は前向きになれます。
貧しい生活の中でも家族愛があり。若くして望まぬ妊娠があり。母犬の強さがあり。大自...

Books
Available
(1 reviews)
3.いのちの初夜
改版 角川文庫 ほ2-1 北條 民雄‖著
KADOKAWA 2020.11
Rating of 新ひだか町図書館 :
自らもハンセン病と戦った著者が、その病院を舞台にした小説を書いたものです。
どこまで人間でいられるのか、どこまで生きていなければならないのか考えさせられます。
自らもハンセン病と戦った著者が、その病院を舞台にした小説を書いたものです。どこま...

Books
Available
(6 reviews)
4.未来のサイズ
俵 万智‖著
角川文化振興財団 KADOKAWA(発売) 2020.9
Rating of 新ひだか町図書館 :
ああ、その空気感じたことある。見たことある。
そういう日常を、三十一文字でまるで写真のように思い出させてくれます。
ああ、その空気感じたことある。見たことある。そういう日常を、三十一文字でまるで写...

Books
Available
(2 reviews)
5.キネマ探偵カレイドミステリー 〔1〕
メディアワークス文庫 し7-1 斜線堂 有紀‖著
KADOKAWA 2017.2
Rating of 新ひだか町図書館 :
映画愛に満ちたライトなミステリ。ひとことでは語り尽くせないくらいの読書体験を与えてくれた作品で、何年経っても大好きな1冊です。
魅力的なキャラクターと、テンポの良い話運びで、最後まで楽しく読めます!
読み終わった後は、思わず映画が観たくなります。
映画愛に満ちたライトなミステリ。ひとことでは語り尽くせないくらいの読書体験を与え...

Books
Available
(4 reviews)
6.佐藤愛子の役に立たない人生相談
佐藤 愛子‖著
ポプラ社 2016.6
Rating of 新ひだか町図書館 :
人生の大先輩である佐藤先生が、老若男女から寄せられる様々なお悩みをバッサリ切っていきます。
相談している側からすると真剣そのものなのでしょうし、そう考えると「こんな回答で大丈夫か……?」と思ってしまうものの、他人事だと思うと途端にクスッと笑えてしまったり。
日々のちょっとした空き時間で軽く楽しめる1冊です。
人生の大先輩である佐藤先生が、老若男女から寄せられる様々なお悩みをバッサリ切って...

Books
Available
(4 reviews)
7.アスク・ミー・ホワイ
古市 憲寿‖著
マガジンハウス 2020.8
Rating of 新ひだか町図書館 :
主役ふたりのキャラクターがとても好きで、読み進めながらこちらまでドキドキしたりもどかしくなったりと、楽しい読書体験ができました。作品全体に流れる雰囲気も素敵です。
男性同士の恋愛を扱った作品ですが、男女のものと変わりなく描かれたそれに、時代の変化を感じられて嬉しくなりました。
主役ふたりのキャラクターがとても好きで、読み進めながらこちらまでドキドキしたりも...

Books
Available
(42 reviews)
8.罪の声
塩田 武士‖著
講談社 2016.8
Rating of 新ひだか町図書館 :
昭和の未解決事件「グリコ・森永事件」をモデルにしたフィクション。
固有名詞は変えているものの、事件の内容やそれについての報道は忠実に再現しているという。作品の中で描かれているのは、その裏で一体何があったのか、ということや、加害者家族の苦悩といった部分。
文体にクセが無く、この人の作品を初めて読みましたが、とても読みやすかったです。
昭和の未解決事件「グリコ・森永事件」をモデルにしたフィクション。固有名詞は変えて...

Books
All copies in use
(10 reviews)
9.切り裂きジャックの告白
中山 七里‖著
角川書店 角川グループホールディングス(発売) 2013.4
Rating of 新ひだか町図書館 :
脳死は人の死か、臓器移植は生命倫理に反するのでは?といった重いテーマを扱っているが、ストーリーはわかりやすく会話のテンポも良いのでとても読みやすく、重いテーマの割には読了後も爽やか。
中山七里の作品は登場人物が全然別の作品に出てきたりするので面白い。
脳死は人の死か、臓器移植は生命倫理に反するのでは?といった重いテーマを扱っている...

Books
All copies in use
(6 reviews)
10.おおかみのおなかのなかで
マック・バーネット‖文 ジョン・クラッセン‖絵 なかがわ ちひろ‖訳
徳間書店 2018.12
Rating of 新ひだか町図書館 :
おおかみに食べられてしまい、この先を悲観するねずみが、おなかの中の先住者であるあひるに出会ってからが、とにかく突っ込みどころが多くて面白いです!
読むのが本当に楽しくて、なんだか元気が出る1冊です。
おおかみに食べられてしまい、この先を悲観するねずみが、おなかの中の先住者であるあ...
>
Powerd By Google

Category