図書館アルバム (平成30年度下半期)

図書館で行った事業など、随時報告するページです。

日高朗読会「あ・うん」のおはなしサロン 《H31.2.24(日)》 本館

暖かく穏やかなお天気にも恵まれ、多くの方にご来場いただきました。
国民的アニメの原作者であり数多くの作品を遺された、さくらももこさんの作品はじめ、5作品の世界を楽しむ会となりました。

◆プログラム
 ・すずめ ~ももこのいきもの図鑑より~(さくらももこ)
 ・明け方のつぶやき ~もものかんづめより~(さくらももこ)
 ・涙 ~Presentsより~(角田光代)
 ・枯野 ~江戸おんな絵姿十二景より~(藤沢周平)
 ・雛の花 ~霞町物語より~(浅田次郎)

 ※ 来場者 62人




      




 


「こども豆まき会」開催 《H31.2.2(土)》 本館

毎年恒例の「こども豆まき会」を開催しました。
鬼が出て来る絵本の紹介のあと、プロジェクタに投影しての絵本の読み聞かせ、手遊び、と楽しいプログラムが続きましたが、「鬼」が怖い子どもたちは、ソワソワ落ち着かない様子。
「帰りにプレゼントがもらえるよ」と励まされて、頑張って最後まで参加してくれました。
インフルエンザが猛威を振るっている時期でしたので、心配をしていましたが、たくさんの参加を得られました。
参加いただいた皆様、ありがとうございます。
また1年、楽しく図書館を利用してください。

 ※ 参加者 136人(幼児・児童79人、一般57人)




プロジェクタで投影しての読み聞かせ
      



手遊び 「こぶたぬきつねこ」


 
三びきのやぎのがらがらどん





にゃーお🎵�
      



大盛況





わあっ 鬼だ―!!

      

こども上映会「こびと大研究」 《H31.1.12(土)》 三石分館

正体不明のふしぎな生き物、「こびと」たちの様々な姿が楽しめるアニメを上映しました。
こびとのヨーデルの歌が流れるシーンでは、こどもたちも楽しそうに一緒に歌う姿が見られました。
※参加者 10人(幼児・児童 6人、一般 4人)


      


12月の上映会「くるみわり人形」 《H30.12.22(土)》 本館

クリスマスにふさわしい、人形劇アニメーション映画の上映会を行いました。
※参加者 37人(幼児・児童 14人、一般 23人)


      


「としょかんフェスティバル」開催 《H30.12.15(土)》 三石分館

冬のとしょかんフェスティバルを三石分館で開催しました。
息を吹き込むと動物やツリーがあらわれる「ぷっくりシアター」から始まり、「まどから☆おくりもの」(五味太郎さく)などの大型絵本を楽しんだ後、工作を行いました。
今回の工作は、わりばしと輪ゴムで骨組みを組み、毛糸を巻き付けて作る可愛いツリーです。
一見難しそうに見えますが、意外と簡単に作れます。
小さいお子さんも保護者の方に手伝ってもらいながら、すてきなツリーを完成させていました。
参加いただいた皆様ありがとうございます。
 ※ 参加者 30人(幼児・児童18人、一般12人)




一生懸命息を吹き込むと…
      



大きなツリーはみんなの声援を受けてふくらみました


 
ブタさんがぴょこ!





大学生のお兄さんに読んでもらいました
      



ツリーの作り方の説明です


 
真剣にきいていますね





楽しそう🎵
      



親子で真剣!


 
骨組み大事!





完成したぞ~!

      



くぼたまさとのわくわく工作教室 《H30.11.25(日)》 本館

Eテレ「つくってあそぼ!」の「わくわくさん」でおなじみの、くぼたまさとさんを講師に迎え、工作教室を開催しました。
今回作ったのは竹トンボとけん玉という昔懐かしいおもちゃ。作り方の細かいコツやアドバイスを、わくわくさんが各テーブルをまわりながら教えてくれ、みんなが夢中になるおもちゃを親子で完成させていました。
予定時間いっぱいを使い、最後まで楽しい教室でした。
今回、くぼたさんが作ってくれた竹トンボとけん玉は、三石分館に12月末まで飾っていますので、三石分館へお越しの際は、ぜひ手に取って遊んでみてください。
参加いただいた皆様、ありがとうございます。

※参加者 75人(幼児・児童 43人、一般 32人)



会場は参加者でいっぱい
      



各テーブルを回り、やさしく教えてくれました


 
くぼたさん登場!
まずは竹トンボ作りから





竹とんぼ完成!
飛ばしてみよう!
      



最後はちょっと難しい、大人向けのけん玉も紹介してくれました


 
次はけん玉づくり
やっぱりやさしくコツを教えてくれます


静内中学校インターンシップ終了 《H30.11.6~7(火・水)》 本館

静内中学校からのインターンシップ(職場体験)は、男子生徒4名でした。(男子だけは珍しいです)
2日間にわたり、カウンター業務、図書の装備など、図書館業務を体験していただきました。
終了後、感想を尋ねたところ、「カウンター業務とPOP作成が楽しかった!」とのこと。
実習で作成したPOP(本の宣伝をするカード)は、先日の静内三中生徒さん作成のものと同様、図書館内(YAコーナー)に掲示しています。
ミニビブリオバトルでは、皆さん緊張しながらも、一生懸命自分の言葉でお勧め本のプレゼンをしてくれました。
将来図書館司書になりたいと語ってくれた生徒さんもあり、この2日間の経験が少しでもお役に立ってくれればと願っています。
実習にご協力いただきました利用者の皆様にも、この場を借りて御礼申し上げます。



POPの構想練り中
      



いずれも力作のPOPです


 
そうです、背ラベルを「まっすぐ」貼るのは、意外と難しいんです


「大雪読書キャラバン」開催 《H30.11.4(日) 13:00~15:00》 本館

国立大雪青少年交流の家が北海道立図書館と連携し、道内各地で開催している「大雪読書キャラバン」が、新ひだか町図書館に来てくれました。
メニューは、「絵本の読み聞かせ」、「缶バッジづくり・しおりづくりの製作体験」、「しかけ絵本展示」(北海道立図書館所蔵資料)と盛りだくさん!
缶バッジ・しおりは、それぞれに用意された下絵に、ペンや色鉛筆で色付けし、シールやマスキングテープでデコったものを、ラミネートパウチするとしおりに、缶バッジメーカーでガッチャンコするとオリジナルバッジが完成。
小さなお子様はもちろん、お父さん、お母さんも楽しそうにきれいな作品を完成させていました。「はまって」しまっていくつかつくっていた方もいらっしゃいました。
(講師のご好意で、図書館も「本馬くん」バッジとしおりをつくっていただきました。何かのおりにプレゼント用として使わせて頂こうと思っています。)
 座って自由に手にとって絵本を読むことができるよう、じゅうたんを敷いた「しかけ絵本コーナー」では、「わぁ!」「おぉっ!」と声を上げながら絵本を楽しんでいる姿がみられました。
 よみきかせは2回行なわれ、国立大雪青少年交流の家の「イチロー」こと、いずみさんが大型絵本を読み聞かせてくれました。
もりだくさんのメニューに、あっという間の2時間でした。
参加いただいた皆様ありがとうございます。
また遠方までお越しいただいた講師のお二人にも、篤く感謝申し上げます。

 ※参加者 50人(幼児・児童含む)
 ※平成30年度新ひだか町図書館読書週間事業(本館・分館合同事業)



「お面をつけているのはだれ?」
「くま!!」
「ねこでしたぁ」
      





色塗り中
      



どの色にする?


 
どんなしかけかな?




「子ども一日司書」終了 《H30.11.3(土) 9:15~12:30》 本館

読書週間恒例の人気事業「子ども一日司書」を今年も実施しました。
町内の小学生3~6年生から公募し、抽選であたった4名の方に、一日司書として図書館のお仕事を体験していただきました。
皆さん元気に、そして、楽しそうにお仕事に取り組んでくれました。
これからも図書館に遊びに来てくださいね。
今回惜しくも選にもれた方も、次回またご応募ください。
小さな司書さんをあたたかく見守っていただいた利用者の皆様にも、この場を借りて御礼申し上げます。

 ※平成30年度新ひだか町図書館読書週間事業



カウンター業務練習中
      



配架も楽しそう♪


 
接客は初めてでしょうか







背ラベルを「まっすぐ」貼るのは難しい!
      



これまた恒例の屋上見学


 
図書館長より修了証書授与




「図書館・博物館クエスト なぞときハロウィーン」開催 《H30.10.23(火)》 本館

新ひだか町図書館秋の読書週間事業兼博物館合同として、図書館・博物館クエスト「なぞときハロウィーン」を開催しました。
いつもは静かな夜間開館日ですが、イベント当日は、魔女やお化けに仮装したこどもたちが館内のあちらこちらを行ったり来たりしていて、とてもほのぼのとした風景となりました。(一般のお客さまの中には、「かわいいねえ」としばらく足を止めて眺めている方もいらっしゃいました)
なぞは、8問+おまけ2問の全10問。制限時間内にすべて解けたのは8人!少し難しかったかな?
時間内に解けなかった参加者も、時間後にがんばって全て解いていました。
参加者には記念として、本馬くんがあしらわれた、イベント限定デザイン利用者カード(紙製)をプレゼント。
参加いただいた皆さん、マナーよくなぞ解きをしてくれてありがとうございます。また、保護者の皆様、ご協力いただきありがとうございました。

 ※参加者 21人(幼児・児童)
 ※平成30年度新ひだか町図書館読書週間事業(本館・分館・博物館合同事業)



この問題を解かないと、部屋から出られない!
      



図書館魔女からヒントをもらう小さな魔女


 
博物館入り口でクイズのカードをもらう魔法使い







暗い博物館をさまよう魔女たち
      



真剣


 
ハッケン「い」!?







魔女 相談する
      



んんっ? どうしたら読めるの?


 
絵本の中に問題が!




静内第三中学校インターンシップ終了 《H30.10.23・24(火・水)》 本館

今年の第三中学校からのインターンシップ(職場体験)は2名でした。
2日間にわたり、図書館のお仕事を一通り体験していただきました。
お二人とも一生懸命に取り組んでいただき、ありがとうございます。
実習で作成したPOP(本の宣伝をするカード)を、図書館内(YAコーナー)に掲示しています。
お勧めの本を読んでみましたが、2作品とも大変面白かったです。小説の方は、ちょっと不思議でせつなくなるお話でした。
またいつでも図書館に遊びに来てください。
実習にご協力いただきました利用者の皆様にも、御礼申し上げます。



こんなところにもCDが
      



YA(ヤングアダルト)コーナーにPOPを飾っています


 
POP作成中


■開館時間
本  館
火~日曜日 10時00分~18時00分
三石分館
火~日曜日 10時00分~18時00分
■休館日
月曜日・年末年始(12月31日~1月5日)
祝日の翌日・図書整理日 *休館日は変更になる場合があります。
■新ひだか町図書館(本館)
〒056-0024
北海道日高郡新ひだか町静内山手町3丁目1番1号
電話:0146-42-4212
FAX:0146-42-5150
E-mail:shinhidaka-library@athena.ocn.ne.jp
■新ひだか町図書館三石分館
〒059-3108
北海道日高郡新ひだか町三石本町212
電話:0146-33-2051
FAX:0146-33-2119
E-mail:s3214lib@swan.ocn.ne.jp